Direct-Forcing/Fictitious Domain 法による流体剛体連成解析における補間・分散関数の改良

収録
日本計算工学会論文集

Supplementary notes can be added here, including code and math.

川上幸亮
川上幸亮
学生

東京大学大学院の修士2年生です。流体構造連成解析、羽ばたき飛行、惑星探査などに興味があります。